WordPress関連

WordPress3.7がリリースで賛否両論?

投稿日:

タイトル

新しくブログを立ち上げて、さあ今日から投稿始めるぞ! と思っていた矢先の今回のバージョンアップ。

今回のバージョンアップのメインは自動アップデート機能の追加のようだけど、実際のところどうなのか? 早速更新してみました。

wordpress3.7_1

WordPress3.7の概要

wordpress3.7_2

今回のバージョンで何が変わったのかについては、本家の日本語版Codexに詳しく解説されていますので、まずは解らないながらも一通り目を通しておきましょう。

WordPress3.7関連 日本語Codex

主な変更ポイント

  • 自動アップデート(メンテナンス&セキュリティリリース)
  • 強力なパスワードメーター
  • 検索の改善
  • 国際化対応の改善

自動アップデートとは?

今回のアップデートで賛否両論巻き起こっているのが、この自動アップデート機能です。

「WordPress3.7」で検索してみると、早速多くの記事が投稿されていますが、この中で目立つのが「自動アップデートを止める方法」に関連した内容のものです。

せっかくのバージョンアップなのに、何故その機能をわざわざ止める必要があるのか?

それはプラグインやテーマを自分なりにカスタマイズしている方が多くいて、過去にバージョンアップしたことによってプラグインが動作しなくなったり、テーマの表示が崩れたりした経験があるために、知らないうちに勝手にアップデートされては困る! という考えの方が多いからだと思われます。

しかし、自動アップデートの詳細をよく見てみると、コアのマイナーバージョンと翻訳が自動アップデートの対象となっています。

コアというのは、WordPress本体と理解すればいいでしょう。またマイナーバージョンというのは今回のように3.6が3.7になった場合はメジャー、今後3.7が3.7.1になった場合がマイナーバージョンということになります。

大きな変更を伴うメジャーバージョンアップ(例:3.7が3.8になるような場合)の際には、今までのように手動でアップデートする必要があります。

通常の使い方をしていく限り、大きな問題にはならないと個人的には思っていますが、どうしても不安が拭えないと思われる方は、下記の記事を参考にされるといいでしょう。

WordPress3.7で導入された自動バックグラウンドアップデートを止める方法

目的はセキュリティ効果を高めるため

最近になって、WordPressユーザーを狙い撃ちしたハッカー被害が増加している中、WordPress自体のセキュリティ効果を高めることが目的のバージョンアップなので、改悪ではないはず...

WordPressを熟知したスキルの高い人たちばかりが利用しているのではなく、レンタルサーバーの自動インストールを利用して、誰でも簡単に使えるようになった現在、インストールはしたけれど、そのまま更新もされず放置されたままのWordPressも多いと聞きますから、このような自動でセキュリティ面を強化するアップデートは必要なことじゃないかな、と個人的には思っています。

ただ、開発者の方たちは今後ちょっと大変ですね(^^;)

 

-WordPress関連

Copyright© WP-WEBZINE , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.